現代多くなっている家族葬とは

家族葬とはどういうお葬式なのか

家族葬とはどういうお葬式なのか 芸能界の方が亡くなった際に、お葬式はご家族、近親者のみで済まされました等の報道を見かけることがあります。生前仕事が忙しく家族との時間をあまり持つことができなかった方が、遺言でお葬式は家族のみで行ってほしいと指定することもあり、こうした家族葬という形のお葬式が多くなってきています。こうした家族のみで行うお葬式は、一般的なお葬式とは違い、家族や親類、故人が生前親しくしていた友人のみを招き、少人数で行うものとなります。近所の方や仕事関係の方々にお葬式を公にせず、来てもらう方を限定して行うもので、そのお葬式の形は家族によってさまざまです。

少人数で行うため、遺族にとっては故人とのお別れの時間をしっかり持つことができます。通常のお葬式の場合、お葬式に参列してくれた方への対応や、そのほかこまごました作業に追われることになりますが、家族葬にすることで葬列している方への対応などが少なくなり、故人との最後のお別れをゆっくりと済ませることができるようになります。

一般的なお葬式は200万円以上の高額な費用がかかります。これはお葬式そのものにかかる費用に加えて、飲食費用、返礼の品などを準備する必要があり、かかる費用が大きくなるのです。家族で行う少人数のお葬式は、飲食費用や返礼品などにかかる費用が格段に少なく、お葬式費用を抑えることができるということも利点となっています。故人が生前、自分亡き後家族に迷惑をかけたくない、金銭的な不安を与えたくないといった理由から遺言にお葬式を指定したり、死期を理解されている方の中には、自身が葬儀社の方に連絡しお葬式を依頼したりしていることもあるようです。後のことを考え、なるべく費用がかかりにくいお葬式を選択しておくことは、残された遺族に対する配慮となります。

少人数で行うこうしたお葬式に関して、家族以外呼んではいけない等と考える方も多いようです。しかしこの家族葬というお葬式には決まりごとがなく、遺族が自由にお葬式を考える事が可能となります。現代は型にはまったお葬式ではなく、故人が希望するお葬式になるよう、家族が故人とのお別れに納得がいくように、家族で作るお葬式がより多くなっているのです。ただ古くから行われてきたお葬式とは違うお葬式となりますので、方法としてはどのように行うのか、また誰を呼べばいいのか、その内容について悩むこともあるでしょう。家族がいいお葬式だったと感じられるような形にするためにも、家族葬とは何かを詳しく理解する事も必要です。

最新のお知らせ

  • [2018年09月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年09月19日]
    運営者情報を追加しました。